費用対効果といいますか、例えば1万円稼ぐのにいくらかかるのか、というのが数字による分析の基本なのであります